tomo1961’s blog

-55を過ぎてギターを始めた男が早期退職した後の顛末'ing-

趣味の持ち方 総論 私の9つの趣味とは [No.2021-009]

少し固い話が続いたので柔らかい話として退職後の趣味の話をしよう。

先に結論を言えば、自分の親や先輩たちの退職後の生活をみていると”趣味”がほしいとか、やらなきゃと言って、退職後に始めた事は、長くは続かないようだ。

 

やはり趣味として続けられるものというのは、相当に好きな事や、生活に一部になっているようなものでないと無理だと思う。今何も趣味がないならば退職前に、それもできるだけ早い時期から始めておいたほうがいいよ、というお話。

 

 とは言え、新たにはじめてハマるような事に出会うって難しいよな、というのも本音なので、ヒントになれば良いなという願いから、以下、私がハマっているものを軽いものから紹介してゆく。

なんにしても”興味を持つ”というトリガーがなければ始まらない。

 

 

料理

パスタ料理が作るのも食べるのも好きなのだが、ヨメさんは和が好きなので自分でパスタが食べたくなると自分で作ります。
セブ島の工場に駐在していた頃は、イタリア人経営のイタリアンレストランに通っていてオーナーとも仲良しになりその味にハマった。滞在中から真似して(近づくことはなかったが)自分の部屋で作って食べてた。

帰国してから何冊も関係本を買って研究し、今ではボンゴレビアンコが得意。

tomo1961.hateblo.jp

 

 

スポーツのテレビ観戦

相撲が特に好きかな。場所前からネットで色々調べて予想したりするのが面白い。そんなの普通じゃんと言われそうだけど、そういうのがいいんですよ。ある力士は相撲はうまいが練習が嫌いで粘りがないとかどうとか、食べ物の好き嫌いまで調べて、だからあの立ち会いで瞬発力を発揮できたんだとかどうだとか...オタク的に観てる。

以前はF1に夢中だった時もあったけど、CSでしか放送されなくなってから冷めた。

 

お酒

それほど強くないけど焼酎以外は何でも飲めるので、今は日本酒とウィスキーにハマっている。日本酒はとにかく伊那の地酒を研究し、誰も聞いてくれないので独り言でうんちくをたれながら飲む。
基本は信濃錦の「西駒」で、これと比較してキレるとかコクだとか甘いだの辛いだの言いながら飲むのが楽しい。

ウィスキーは、バーボンが好きで、まだ未達ではあるが全バーボンブランドを飲みつくすのが目標。さらにはどの銘柄がハイボールにするといいとか、いやこっちはロックがうまいなど、ネット情報や本などから得た知識を駆使して自己満足に浸っている。

最近はGilbey'sをジントニックにして飲むのもお気に入りの一つだ。

酒に関しても最近コロナ禍ということもあり、完全に一人の世界で楽しんでいる。

tomo1961.hateblo.jp

 

コーヒー

つい最近まではなんとなく飲んでいたが、豆の挽き加減やドリッパーやフィルターの種類、お湯の注ぎ方などで随分味に違いがあることがわかってきて、急にハマり始めてコーヒー沼状態になっている。

毎日飲むので、昼間飲みながら反省点をメモして翌日に反映させ、を繰り返しながら、様々な種類の豆も物色して楽しんでいる。

tomo1961.hateblo.jp

 

音楽(聴く方)

目覚めたのは18歳頃聞いた当時流行っていたフュージョン系のバンドで、カシオペア、T-スクエアや荒川バンドにハマり、その後ローリング・ストーンズイーグルスビージーズビーチボーイズなどを聞いていて、ローリング・ストーンズに関しては今までずっと追いかけきた。

同時に荒井由実やサザン・オールスターズ、尾崎亜美も好きで彼らこそが自分の中で昭和歌謡だ。

数年前からは、ギターのREIあいみょんリトグリにもハマり、アルバムはコンプリートし続けている。

tomo1961.hateblo.jp

  

ギター

55歳から始めて未だに全然うまくならないが面白い。つい最近ソロギターを始めて今はLemonを練習している。

 

改造とかはしないけどドライブが大好き。

退職の1年前に、ファミリーカーからスバルのWRX STIに乗り換えたので、今はこの大馬力車でのツーリングにハマっている。この車は燃費が極悪なのが玉にキズだ。

tomo1961.hateblo.jp

 

 

修理

漠然と修理と書いてもなんのことだかわからないと思うが、動かなくなったメカ系のものを修理して元通り使えるようにする、という事。

いじり始めると没頭し時間を忘れてしまう。電池の液漏れを清掃するだけで終わるような簡単なものもあれば、破損した部品をプラ板やアルミ板などで自作したり、電装系のコンデンサを交換したりというのもやる。

 

山旅(登山,山行)

50歳の時に山登りを始めた。厳密に言えば若い時に地元の中央アルプスや、少し遠征して北アルプスに登っていたので、50歳に復帰した、と言っている。

55歳の2016年にはテントを背負い、4日間かけて上高地から槍ヶ岳大天井岳を経て燕岳まで縦走した。相当疲れるかと思ったが4日間かけて筋力もついてきて日々歩くのがラクになって楽しくて仕方なかった。

山行自体も楽しいが、今ハマっているのはテント泊とその装備の軽量化で、全装備をひとつづつ計量して表計算ソフトに入力し、この装備をアレに変更すると何グラム軽量化できるな、とかやっているとついつい時間が過ぎるのを忘れてしまう。

今の目標はテン泊装備のベースウェイト(水,食料抜きの基本装備重量)を8kg以下にする事だが、お金を無尽蔵にかければ容易いが、今手持ちの装備の範囲では8.25kgが限界というところ。引き続きハマっていきたい。
さらには、少しだが道具を自作したりもして楽しんでいる。

但し命が惜しいので雪山はやらない。

 

それぞれについては”各論”としてゆくゆくもっと詳しく書きたいと思っている。

あとは、つい数年前までスキーをやってはいたし、SAJの1級保有者だけど、家族から首の手術以後辞めるよう約束させられてしまったので、趣味リストから除外されてしまった。

40代の後半にこれから死ぬまで5年おきに新しいことに挑戦する、と決めて50歳で登山、55歳でギターを始め、長女が小さい頃ピアノをやっており、今でも家に立派なカワイのアップライトピアノがあるので、60歳になる今年はピアノを始めるつもり。

 

いずれにしても、なんの事ではないけど好きな事について、自らどんどんとその沼の縁からズブズブ入り込んでゆきたいモノを持つのが良い。しばらくもがいて抜けられなくなったらそれがあなたに合った趣味なのだと思う。

 

f:id:tomo1961:20210127142331j:plain

 

2021.02.17追記:そう言えばカメラという趣味があった。随分長い間さわっていないが、これについてもいつか書いてみたい。

 

 

-----
私のもう一つのブログ「50歳からの単独行」も、是非御覧ください。
50歳から再度山に登り始めたお話を小説風に書いています。
こちらからどうぞ↓

https://tomo1961.hatenadiary.jp/